• ホーム
  • 亜鉛華軟膏と紫外線照射治療で水虫を完全撃退!

亜鉛華軟膏と紫外線照射治療で水虫を完全撃退!

きれいな脚

水虫とは、皮膚の角質層に白癬菌が繁殖する事によって起こります。
発汗頻度が高い足の指に多く見られますが、手の指や肘などにも起こる事があり、
完治するまで長い期間を要する特徴があります。
また、白癬菌の種類は約30種類あり、人に好んで繁殖する白癬菌をヒト好性菌と呼びます。
ヒト好性菌の特徴として、人間との間で感染する性質があります。
水虫の治療法としては、主に2種類あり、軟膏と照射治療が基本となっています。

軟膏治療で有名なものとして、亜鉛華軟膏があります。
亜鉛華軟膏の作用としては、消炎や防腐作用があり、ニキビや白癬菌の繁殖に対して効果を出します。
その他にも凍傷や熱傷にも効果があり優れた軟膏材として有名です。

もう一つの紫外線照射治療とは、病院で行う事も出来ますが、家庭用照射器も販売されているため、
家庭で簡単に治療を行う事が出来ます。
小型の照射器も販売されており、持ち運びにストレスを感じないデザインの物もあります。
基本的な照射時間ですが、一日約5分程度を患部に照射を行うようにし、白癬菌を死滅させる方法です。
小型の照射器を使用しての治療では、足の場合に一度に数カ所は行えないので、
フット用の紫外線照射器を使用する事が多いです。

水虫の治療として、最も効果のある方法としては、紫外線を使用した治療方法になりますが、
亜鉛華軟膏を補助として併用すると更に完治までの期間は短くなります。
ただし、亜鉛華軟膏による副作用が出る可能性があるため、
痒みや発疹が少しでも出れば使用を中止しなればなりません。
紫外線の影響に関しても同じで皮膚に当てる時間が短くても肌にかかる負担は大きいものです。
紫外線による腫れや皮膚の赤みが出た時も同様に中止をする必要があります。