• ホーム
  • 水虫にならないために生活の中で気をつけること

水虫にならないために生活の中で気をつけること

女の脚

人に知られると恥ずかしい皮膚病の代表格と言えるのが「水虫」です。
水虫は白癬菌という真菌の1種に、感染する事で発症します。

真菌は皮膚の角質層部分に感染し、そこで皮膚に含まれるケラチンをエサとして繁殖を続けます。
症状としては強い痒みや、皮膚がジュクジュクになる、皮膚がめくれる、水疱ができる、臭いがきつくなるといったものが一般的です。
これら以外にもかかとの角質が厚くなったり、爪に白癬菌が感染すると爪に白い筋が入ったり、濁るといった症状が現れます。

水虫になってしまうと他人に白癬菌をうつしてしまう恐れがあるので、できるだけ発症した事を知られたくないと考える方が多いようです。
恥ずかしいというだけでなく、完治までに数か月、場合によっては1年以上かかるケースも少なくない為、なるべく水虫にならないよう予防はしっかり行いましょう。

予防法の基本となるのが、足の裏や指の間を清潔に保つという事です。
白癬菌は24時間、洗い流さないと角質層に入り込むと言われています。
逆を言えば、1日1回しっかり洗えば白癬菌には感染しないのです。

足の裏、指と指の間を石鹸などを使い、丁寧に洗い流しましょう。
もし、1日1回洗えないという状態になった場合、アルコールを含んだウェットティッシュなどで拭く事によって、感染の予防に繋がります。

また通気性の高い、靴下や靴を履く事もお勧めです。
白癬菌は高温多湿を好む傾向にあるので、長時間靴を履いている状態だとより感染率がアップします。
化学繊維で作られた靴下は、蒸れやすく水虫になりやすいので、通気性の良い綿の靴下に変えましょう。
靴も通気性の良い商品が販売されています。
この他にも共用施設では裸足を避ける、不特定多数が使用するスリッパやマットなどは、できるだけ使わないという対処も必要です。